森の音 Forsest Sound

森の恵みを生かした森の音シリーズの製品と活動を紹介します

平成29年度中部地方発明表彰受賞iいたしました!

平成29年度中部地方発明表彰受賞いたしました。

受賞内容:「楽器のようなスピーカー」

賞の名称:「発明奨励賞」

 

音の原理・原則は単純明快でしたが、写真では中々スピーカーと認識していただけないのが難点でしたが、表彰していただき、少しは説明しやすくなったかな~!と思います。

他の受賞者は名だたる企業ばかり。。。ちょっとびびりますね(^^;。

受賞者の一覧は、以下で公表されています。

http://www.koueki.jiii.or.jp/hyosho/chihatsu/H29/jusho_chubu/index.html

 

f:id:yoko-hirano:20171128120539j:plain

f:id:yoko-hirano:20171128120600j:plain

東祖谷山村 茅葺き民家訪問

2017年9月11日 徳島県三好市東祖谷山村落合重要伝統的建造物群保存地区を訪問してきました。

世界が驚く日本の美しさ!

東洋文化研究家のアレックス・カー氏がプロデュースした施設で茅葺き民家スティできる美しい山村です。

 

アレックス・カー氏は普段京都にお住いなので、当日はお会いできませんでしたが、幸運に恵まれ、長岡家住宅ご子孫の方(素敵なご婦人)にご案内いただきました。

「森の音」は、お部屋も良かったのですが、やはり縁側に置いて聴いた心地良さは格別でした。

さらに美しい山村を背景にした音楽空間を「花音」で記念撮影をして大満足です。

f:id:yoko-hirano:20170918133325j:plain

f:id:yoko-hirano:20170918133347j:plain

f:id:yoko-hirano:20170918133402j:plain

 

山中に凛とした武家屋敷があるとガイドブックに説明があったので、さらに欲張って見学することにしましたが、途中から不安感が漂う道でした。

作業道のような箇所も行き過ぎてまだいけると心に決めて登りつづけていたら、唐突に神社の前にお婆ちゃんが2人座っておられヤッパリ人が住んでいるのだと再認識した次第です。

ブルーシートで覆われた大屋根(茅葺き)、立派な石垣、少し違和感があったのは何故この場所? 

実は中腹の場所から、「神社」と「鉾杉」がある上が良いと持ち主が代わったとき移築したそうです。

 コンサートもやるんですよ~!の通りピアノもあり、「葉HAON音」も空間にすっかり馴染んでしまいました。

式台玄関や畳廊下、囲炉裏脇、ワイヤレスで不思議な音空間に管理人の方もリラックスでした。

みなさんありがとうございます。

f:id:yoko-hirano:20170918133553j:plain

f:id:yoko-hirano:20170918133604j:plain

f:id:yoko-hirano:20170918133614j:plain

 

 

 

 

『葉HAON音』 サウンド・オブジェ 納入しました! ~名古屋の隠れ家的ヘアサロン~

「神戸、大阪で根強いファンの方がおられる「ヘアーサロン」名古屋にも時々出張しているみたい。

山田裕士さんというお名前です。

すごく素敵な人でセンスも良いし、特別なヘアカットの技術があって私も贔屓にしています。

今度、名古屋に独立してお店を持つんです。

3代目ですよ!

隠れ家的な場所で開業したいそうです。

どこかいい場所ありませんか?」

 

インテリアコーディネーター矢作紀子さんからの電話がスタートでした。

 

なんじゃらほい? 

チンプンカンプンの生返事をして、とにかくアトリエに遊びに来てくださいとお伝えしました。

しばらくして台風の真っ只中、松阪に行きますのでよろしく!との連絡が。

山田裕士さんもご一緒です。

「私泊まりなので大丈夫です。」

クライアントの「我が儘気儘」に「根気良くお付き合い」をモットーにしている私です。

見透かされていました。

 

お会いしてみると、口数は少ないのですが、確かに素敵な人でした。

事前に3点ほど用意して「葉HAON音」を聴いていただきました。

中の1点は木の天辺に鳥が翼を広げているようなオブジェです。

「もう少し背が高くてまっすぐな方がいいのですが!」とのたまいます。

自然の木の枝は都合よくできていないのですよ。

 

「それいいです、注文ですよ。できますよね~!」

お店の準備があるので8月20日には納入してほしいです。

 

クライアントに直接お会いするとイメージが湧いてきます。

枝の加工をお願いしている森本さんが以前、「面白い枝があるんやで~!ほしかったらあげるわ。」と言いながら譲ってくれた1本。

こんな経過で宝の山探しをして見つけた1本を使ったものでした。

 

名古屋的に「金糸、銀糸、紅白、緑」を使ってまとめた「葉HAON音」サウンド・オブジェを納品しました。

お願いしてお送りいただいた写真を掲載しました。

お客様にも柔らかい音の広がりの空間、どこから音楽が聞こえるのかわからない。と好評です。

完全予約制のお店です。

 

SUNNYnagoya

電話番号

09036263522

住所

愛知県名古屋市中村区太閤通4-50マンション中村504

 https://m.facebook.com/SUNNY-1471593349775194/

 

 

仕様概要

「葉HAON音」オブジェ:出力26W ブルトゥース4.0 USB給電リチュウムイオン電池

音柱:桧枝研磨仕上げ 音葉:木曽ひのき樹齢300年タイプ 

製作費¥100,000/消費税別

f:id:yoko-hirano:20170831094458j:plain

f:id:yoko-hirano:20170831094521j:plain

f:id:yoko-hirano:20170831094548j:plain

f:id:yoko-hirano:20170831094611j:plain 

天井スピーカー納品しました! ~新居浜の大槁医院~

愛媛県新居浜市 大橋医院 / 山城もくもくで制作・施工

 

音楽療法を取り入れておられる愛媛県新居浜市の大橋医院さま。

前回に引き続きご用命賜りました。

待合室の改装工事に伴う天井パネル設置のご提案が実現しました。

新しい試みでしたが、院長先生、副院長先生のご理解で実現しました。

 

この計画は、株式会社山城もくもくの「サウンドパネル事業」の一環です。

大内社長と井本工場長が大橋先生に信頼されているので、少しだけ工期が長引きましたが大きなトラブルも無く「お引き渡し」ができました。

途中、思わぬアクシデントがあり、工務店さんとの「打合せのツボ」も勉強できました。

工務店さま、細かい面倒な納まり、好意的な対応ありがとうございました。

 

回路設計、配線接続、アンプ側調整は井本工場長側で対応しました。

今回は、天井パネルタイプなので予備回路設計を行いました。

天井回路側が壊れた場合を想定して、予備回路を併設しています。

天井埋め込み照明カバーをはずして予備ターミナルに差込直すだけて復帰します。

 

仕様概要

サウンドパネル:スギ間伐材辺材部分集成材加工、振動板専用に微調整加工

振動板:裏面スリット加工、パネル加工 25t×2000×4000左右(ステレオ)

振動ユニット:回路左右(ステレオ)共=20wフルレンジタイプ×4個 出力80w 抵抗16Ω

音響機材:マランツ80w、16Ωタイプ CDプレーヤーアンプ ワイヤレス対応型

操作側情報:院長室パソコンより音楽信号をワイヤレス操作

 

森の中に居るようで、どこから音楽が聞こえるのかわからない。音量が絞られているのに聴こえやすい。との評価をいただきました。

 

 

「葉HAON音」オブジェは、診察室、治療室、回復室、スタッフ側のBGMにご採用いただきました。大橋先生の許可をいただき掲載しています。

(左大橋先生、右井本工場長)

 

f:id:yoko-hirano:20170831092421j:plain

f:id:yoko-hirano:20170831092613j:plain

f:id:yoko-hirano:20170831092636j:plain

f:id:yoko-hirano:20170831092829j:plain

本格的なクラシックBar Ber 葉音を納入しました! ~津市のヘアサロン~

 

こんにちは、横濱金平です。

 

先日、三重県津市にある老舗の散髪屋さんで夏装いのカットをしてきました。

本格的な技術で評判のお店です。

オーナーのご趣味「昭和レトロ」の店舗内装とモダンジャズ流れる雰囲気がとても心地よいのです。

20年来通っている散髪屋さんです!

以前から葉音の話をしていたので興味を持っていただき、店内BGMにスマートフォンからBluetooth

まるでレコードが流れているような音質との評価、ボーズファンのオーナーに気に入っていただけたようでとても嬉しいです。

何かしら「曰く因縁」のありそうな不思議な魅力のクラシック「Bar Ber88」もしかしたら現代版忍者のような・魔法使いのような「ハサミアート」のオーナーは、藤林良雄さんです。

藤林良雄さんは、ジャズやモダンアート・何よりも理髪の技術や道具や歴史にとても明るい知識豊富な方、まるで理髪博物館のような雰囲気を作り上げています。

御店は完全予約制、ホームページは http://jp.flavors.me/barber88

 

f:id:yoko-hirano:20170529133302j:plain

f:id:yoko-hirano:20170529133333j:plain

f:id:yoko-hirano:20170529133347j:plain

川崎和男名誉教授を訪問しました

横濱金平です!

 

平成29年4月15日大阪市中央区川崎和男先生(大阪大学名誉教授、名古屋市立大学名誉教授でいらっしゃって、音響機器の第一人者・音のプロです!)の事務所を訪問して、「葉音」の説明と試聴をしていただき「音は良い・本物です」と評価していただきました。

とても嬉しいです。

 

川崎和男先生は、大阪大学に研究室があり、工業デザイナーであり、医学博士であり、コンシリエンスデザインのディレクターでもあります。

今回の訪問は、アートディレクターの荒木基次氏のご案内をいただき実現しました。

荒木氏は伊勢神宮で開催される文楽が雨天中止となり、松阪御城番屋敷を散策中、アトリエにお遊びいただき「森の音シリーズ」を体験していただき感動されたことがきっかけでした。

ご案内いただいた堀口裕世さんありがとうございます。

 

川崎先生は、ご自身のFace bookにコメントされています。

以下、先生の本文から。

----------

本日は阪大同僚であった荒木氏の紹介で「音響機器へのセルロース戦略」を実物検討する。

私の所には音響関連が持ち込まれるが、いくつかの私の経験的な音響質問でほとんど断ってきた。

しかし、「点音源」での骨伝導までの経験知識ゆえに空間音場計画の可能性を予測して感動した。

 ---------

 

これまでは、「点音源」に取り組み直観だけで一人黙々と試作に取り組んでいましたが、川崎先生は一瞬にして看破されました。

凄いです。

音響機器の博物館のような空間で川崎先生と一緒の写真と最先端の機器と「葉音」を並べて撮影させていただきました。

ありがとうございました。

 

f:id:yoko-hirano:20170417184736j:plain

 

f:id:yoko-hirano:20170417184847j:plain

 

小売・中食・外食産業の垣根を越えた商談展示会 にて「葉HAON音」が展示されました

小売・中食・外食産業の垣根を越えた商談展示会 にて「葉HAON音」が展示されました。

 

FOOD TABLE in JAPAN 2017
2017年2月15日~17日
小売・中食・外食産業の垣根を越えた商談展示会
会場:幕張メッセ、情報発信ゾーン

 

食のマーケティングカンパニー KOKUBU さんの「国分グループの環境対策」のブースに展示していただきました。

 

これまでにも沢山の応援をいただいている「国分」KOKUBUさんに、今回は、国分グループの環境対策のシンボルとして展示していただきました。

 

展示した「葉HAON音」の音柱は、国分さんの森を間伐した時の桧枝を用いて製作しています。バイオリンの音色のような優しい音が好評だったそうです。

もちろん森林環境やCO2や地球温暖化に対する企業姿勢が、特別に心地よい音色になっているのかもしれません。

沢山のご来場ありがとうございました。

www.cfw-n.com

 

 

f:id:yoko-hirano:20170227072226j:plain

f:id:yoko-hirano:20170227072523j:plain