森の音 Forsest Sound

森の恵みを生かした森の音シリーズの製品と活動を紹介します

多度津高校と善通寺養護学校の交流学習会

多度津高校と善通寺養護学校の交流会に参加してきました!

この交流会は、多度津高校の電気・機械・建築科の生徒さんが制作した作品を、善通寺養護学校の生徒さんに体験し楽しんでもらうという形式で、10年前から続いているそうです。

毎年、ハンディキャップのある養護学校の生徒さんが楽しめるものは・・・と考えて作品を造っているそうなんですが、今回は、木音の技術を応用して作品を造りたい!とご相談があり、木音の技術部分の提供と、木材の提供を行いました。

そのご縁で、山城もくもくの井本とドット・コーポレーションの平野が参加してきました。

 

今年の作品のテーマは、「音と光のアート+音遊び」。

多度津高校の皆さんが制作した作品はどれも力作!

善通寺養護学校の生徒さんも、興味津々で、楽しい時間を過ごせました。

 

私どもが提供した技術と材料では、つり下げ式の板状スピーカーと、音当て早押しクイズを行うテーブルが作られてました。

木部の加工も上手で、裏に仕込んである機械も自作だそうでなんだかすごい・・・。

f:id:yoko-hirano:20180202165245j:plain

f:id:yoko-hirano:20180202165326j:plainf:id:yoko-hirano:20180202165408j:plain

 

こういった活動を通じて、作業の補助装置、機能回復に必要な装置の開発などのモノづくりの際に必要な感性を養っていくことを目標にしているということでした。

多度津高校の生徒さん達は、いろんなことをどんどん吸収している大事な時期。

この時期に、こういった体験を通じて感性を高めていくことには、とても重要なことなんだなぁと感じました。

このイベントを支えて指導していらっしゃる両校の先生方・関係者の皆さんのご努力には頭が下がる思いでした。

 

www.cfw-n.com